NPO法人九州定期借地借家推進機構

Kyushu Teishaku Organaization

現地視察会&第30回定借実務推進研修会

視察.JPG

 平成23年8月9日(火)

NPO山口県定借機構の増井理事長他3名の理事が大野城市畑ヶ坂PJの現地視察に来られました。

現地では12区画全員が使用出来る森「里庭」造りが進められています。
高中木の植込みはほぼ終了し、これから低木が植え込まれます。
外部からは然程感じられませんが、里庭の中に入ると木々が気持ちよく感じられます。
井戸もキレイに造られていました。
子供達が水遊びをするんでしょうね?

現地視察及び事業主との会議が終了し、その足で第30回定借実務推進研修会にもご参加いただきました。

お盆休み前と云うこともあり、今回は14名の参加となりました。
19時まで活発な研修会となりました。

研修会の内容として以下の通り報告等がありました。
1.大野城市畑ヶ坂PJは順調に進んでおり、10月から販売開始の予定。価格は2,500万円前後。
2.九大学研都市PJは大手ハウスメーカーによるアパート及び展示場が倍の地代を提示したことにより中止。
3.その他、定借を活用した特別擁護老人ホームの動きが活発で、コンサルティングにより2件成約。
4.飯塚市・久留米市・春日市・八女市に定借物件情報あり。

次回は、平成23年9月20日(火)17:30~三好不動産唐人店5階会議室です。
尚、10月11(火)から会場が三好不動産天神本店(福岡天神センタービル10階)に変わります。