NPO法人九州定期借地借家推進機構

Kyushu Teishaku Organaization

全国定借連合会理事会

241121理事会.JPG

 平成24年11月20日(火)

15時から、東京・八重洲の東京駅前ビル8階にて、全国定期借地借家権推進機構連合会の理事会が行われました。
全16機構中、9機構の理事長・副理事長が集まり、各々現状や今後の予定などが報告されました。
その中でも、興味を引く話題として以下の3点を挙げておきますので、ご参考にしてください。

①定期借地権+スマートハウス
太陽光発電や住環境整備の為には、広い敷地が必要。
定期借地権との相性は良い筈である。

②定期借地権+賃貸物件
定期借地権付一戸建て分譲をしたが、売却できなかった住戸を賃貸として出した処、予想外に高い賃料で貸すことができ、利回りも充分に満足。

③定期借地権+地方公共団体
塩漬けになっていた土地を定期借地権で活用し始めている。
広島県定借機構では財務局との連携を始めている。

次回、NPO九州定借機構の定借実務推進研修会は、平成24年11月27日(火)17時~㈱三好不動産天神本店です。
上記の他にも、お話しをさせて頂きたいと思いますので、会員の皆様・土地所有者の方も是非ご参加ください。

(副理事長/菅原純)